タグ別アーカイブ: 基本的な考え方

アンチエイジングの基本的な考え方と生活習慣

1.若さはあっという間に失われる現実

「若い時には、あれほど綺麗だって言われたのに・・・」
「20代中盤になってから全く輝きがなくなってしまった・・・」
「女子高生最強だと思ってたのに、20代中盤であっという間に老け込んでしまった。

年齢には誰も逆らえません。しかし最近は医学や科学の発達により、『アンチエイジング』という概念が出てきています。
『エイジング』というのは老化のこと。
そして『アンチ』という言葉は反抗すること。
つまり『アンチエイジング』とは、老化に抵抗することを指しています。
アンチエイジングは普段の生活習慣を整えることによって、実現することは可能です。それではどのような面で気をつけていけばいいのでしょうか。

2.アンチエイジングの基本的な考え方

どうして人間が老化をしてしまうのかというと、2種類の原因が提唱されています。まず一つが活性酸素。これが体の中に多くなってしまうと、老化を促進させてしまうと言われています。

もう一つの問題は遺伝子。傷がついた遺伝子は、生まれ変わることができますが、その再生回数にも一定の制限があるのです。アンチエイジングをする際にはこの二つの面から考える必要があります。

3.どうすればアンチエイジングできるのか

とにかく適切な生活習慣の構築しかありません。上に述べたように、アンチエイジングの原因を取り除かなければ、老化は進んでしまいます。
成果習慣を見直してみましょう。
例えばカロリーの取りすぎ。
よけいなものを食べていませんか。このような生活習慣をやめましょう。

それに加えて、無理なダイエットも老化を促進させます。
必要な栄養分をしっかりと取らなければいけません。
そしてタバコやお酒。これも活性酸素を増やしてしまう結果となります。

普段から何気なく行っている生活習慣でどんどん老化が進んでしまうのです。
自堕落というのはアンチエイジングの大敵。
若いときにはあれほど綺麗だった芸能人が快楽におぼれてしまうのを見かけたことがあるでしょう。そして、こんなに老けてしまうんだな、と驚いたことありませんか。
普段の生活習慣の積み重ねが大事ということを示しています。

4,やりすぎは禁物

そして、増えすぎた体重を減らすために軽い運動することが大事です。
しかしこの運動もあまり激しすぎるものは厳禁。ジョギングや水泳をすると確かにやせることはできますが、運動強度が高すぎて、活性酸素が増えてしまうと言われています。

トライアスロンなどの激しい運動も同様。健康にどころか逆に活性酸素増やしてしまって老化を促進させてしまいます。何事もほどほどが大事。毎日無理なく続けられるくらいの運動がいいでしょう。

厳しい運動をすればアンチエイジングになると思ったら大間違い。
トライアスロンやジョギングをしている人の顔を見ると、ほうれい線が深くなり、シワだらけになっていることも。明らかに逆効果であることを示しています。
何事もほどほどが大事です。

5.生活習慣を整えてほどほどの運動を続けよう

アンチエイジングの基本的な考え方と、その方法をみてきました。生活習慣を整えることと、適度な運動すること。運動においても、あまり頑張り過ぎないように、かつ、活性酸素を増やさないようにすることが大切です。